スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとマニアック?  

030111.jpeg

熱帯魚水槽がこんな状態です。
増えすぎちゃって“あちゃ~~”\(^^)√
でも、どれもかわいいグッピー!
大切に大きくします♪

水槽の大きさはもう限界。。
水換したあと2~3日は、濾過がうまく働かないので水が白く濁ってしまいます(-.-)

キレイな水を作るには「濾過」が命!
物理濾過と生物濾過のコラボレーションが必要なのです。
物理濾過は大きなゴミや汚れをフィルターを使ってとります
生物濾過は濾過槽のなかに発生する善玉プランクトンが水中のアンモニアなどの有害な物質を食べてくれます。
生物濾過は時間がかかるけどこれがないと透明な水にはなりません(・_・)

そうだなぁ~、分かりやすく言えば、疲れたお肌にいくら演出できるフアンデーションやリップを使ってもカバーはカバー。
バランスれた食事、十分な睡眠、手を抜かないスキンケア、そして、胸を躍らせる恋?…とかないとねぇ。
透きとおったなめらかなお肌には日頃からの精進と執念?も必要なのです!(^^ゞ

最近、本命フアンデーション探しに余念のない私は、水槽を見詰めながら色々と考えるのであります…(笑)

ふみ
スポンサーサイト

熱帯魚のこと 

ちょっと困ったことがあるのです。
…とはいっても、嬉しいことなんですけど。。

実は、飼っているグッピー(熱帯魚)の出産ラッシュが続いていて、おまけに、生まれた赤ちゃんたちがどんどん大きくなっているのです。

普通なら、数ヶ月に一度ぐらいしか生まれないし、生まれてもすぐにほかの魚に食べられたりいじめられたりして、結局、育つのは数匹程度だったのです。

ところが、今回は、水温や水質がいいのか、水草が生い茂って子育ての環境がいいのか、メスのグッピーの出産欲が旺盛?で、生まれた赤ちゃんたちもしっかり育っているのです。
今では、30匹ぐらいのチビちゃんたちが、水槽せましと元気に泳ぎ回っています(^.^)

今日、また生まれたばかりのちっちゃな赤ちゃんたちを10匹ぐらい見つけました。
ううう…。また増えたっっ!

このまま大きくなっちゃうと

水槽がパンクしそうです(^^ゞ

どうしよう…、どうしよう…。
でも、カワイイし…、どんな色のグッピーになるか楽しみだし…。

…ということで、決めました!

水槽を大きなものに買え替えようと思います(笑)

そういえば、最近、あまり水換えをしていないので、水槽の内側に少しコケも生えていて、お世辞にもキレイな水とはいえないのですが、どうもこれがいいのかもしれませんね。

あっ!、そうだ!、ことわざがあったような…。
う~ん、そう!そう!

「水清ければ魚住まず」

インターネットで調べると、“人もあまり潔白すぎるとかえって人に親しまれないものだ”という例えらしいのですが、どうやら本当のことのようです(笑)

ふみ

ドラゴン君その後 

030110.jpeg

またまたお魚ネタ!
しかも写真はピンボケ!
ごめんなさーい(笑)
わが家の若衆グッピー「ドラゴン君」を紹介してからはや半年。
もうこんなになってます(^^ゞ
尾は燃え上がる炎のよう…。
ダークブルーの引き締まったボディがセクシー!
精悍さといい敏捷さといいもうオスの中で敵なしって感じです。

(追悼)
ドラゴン君が亡くなりました(悲)
最近、底の方でじっとしていることが多くなって、夏場で水温も高いし水質もよくないだろうなって心配していたのですが、次第に体から輝くような鮮やかさが消えていき、やがて…。
昨年の11月にこの水槽で生まれわずか10ケ月の命でした。
オスのなかでも一番元気に泳ぎ回っていたのに…(合掌)
水槽の中はなんだか火が消えたように静かになりました。

ふみ

ニモと会える? 

030304.jpeg

ニモちゃん大好き!!
上映中は観れなかったけど、先日、レンタルビデオ屋さんに
「ファインディング・ニモ」 が並ぶと同時に即レンタル。

DVDも大ヒット!してるらしい。
心に染みる愛の物語でした。もちろん5つ星ですね。
でも、ニモちゃんなんて愛らしいんでしょう…。

なんて思っていたんですが、
今日、久しぶりにペットショップを覗いてみると、
えっーーーーーーーーーーーー!!!!
発見!!
あのカクレクマノミがたくさん水槽の中をちょこまか泳いでいるではありませんか!!(喜)
大きさは1.5~2cmくらい。
なんと色も模様もあのニモちゃんそっくりなのです。
しかも、どの子もお顔に表情があってカワイイったらありゃしない。
胸が“キュン”となりました(^^ゞ
値段も1匹千円ちょっとくらい。
「欲しい!欲しい!」

でもね、熱帯魚を飼っている私でも、グッピーのような淡水魚とちがって海水魚は飼うの大変なのです。
人工海水の濾過装置とか、水の管理とかね。
しっかり飼い方を勉強してからじゃないとね。
でも、ペットショップで手に入るようになったってことは嬉しいな。

よし、ガンバルぞ!!(笑)

実は、この前から、私のパソコンの中ではニモちゃんが泳いでいるのです(^^ゞ

030305.jpeg

ふみ

水換え 

030303.jpeg

二日続きの雨。。

外に出るのもおっくうで、午後から熱帯魚水槽の水換えをしました。
このところ続けて数匹が亡くなりました。
気温が高いと水温も上がるので、水の状態がよくないのかも知れません。
でも、水はまだ透明だし、コケとかもあまりついてないけど…。

実は、お魚にとって最高のリフレッシュが水換えなのです。
人間にとっても、新鮮な空気のなかでゆっくりと温泉につかると気持ちいいでしょ?

キレイになった水槽で魚たちが元気に泳ぎ回っています。
グッピーの赤ちゃんたちも5~6mmぐらいになりました。

ふみ

わぁーっ、ちっちゃい! 

030102.jpeg

熱帯魚飼ってます(^_-)

今日、水槽のなかにグッピーの赤ちゃんを発見!!

放っておくと食べられてしまいます(>_<)
ベビー用の小さなプラケースを水槽のなかにセットして、一匹ずつネットで掬って入れる。

なんとか4匹の赤ちゃんをGET。
もっといたのかも知れませんけど…。

体長1~2mmくらい。オタマジャクシのように頭の方が膨らんでいる。

お腹が大きなメスがいたので、もしやと思っていたのですが、やっぱり赤ちゃんがいたのですね。

知ってますか?
グッピーは、卵じゃなくてお母さんのお腹のなかで孵化してから生まれてきます。

前に生まれる瞬間を初めて見たのですが、”ポーン”って感じで飛び出てきます(^_-)

前回生まれた赤ちゃんたちはもうりっぱな大人のグッピーになっています。

多分同じお母さんからだと思うのですが、色や模様、カタチとか、みな違うのですよ。
隔世遺伝?それともお父さんが違うのかな(笑)

早く大きくな~れ☆

ふみ

ドラゴン君 

030101.jpeg

2003年11月の中頃に生まれたグッピーの赤ちゃんたち。
一番成長の早かったオスのドラゴン君(ふみが命名)がこんなに大きくなりました。
体長は2cmくらい。
鮮やかな赤と黒の模様が魅力的です!
まだ子供なのに大人のオスのようにメスのグッピーを追いかけています。
でも、甘えたいからじゃないのかな?

ふみ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。