FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特別編集版「世界の中心で、愛をさけぶ」 

030190.gif

■ 2004/05/07
ロングセラー小説「世界の中心で、愛をさけぶ」 が、最多部数の251万部を記録。 
国内作家の小説としては、村上春樹さんの「ノルウェイの森」を抜いてトップとのこと。 
 
いろいろと評価はあるけど、多くの人は自分の恋愛体験と重ねて、切なくて胸がいっぱいになったんじゃないかな? 
最終章は泣き崩れるほど感動しました。 
繊細で透明な文章で綴られる大切な人への身が焦がれような想い。。。 
映画「世界の中心で、愛をさけぶ」もいよいよ5月8日に公開。 
絶対観るぞ~ 
号泣する準備?はできています。 
  
映画の主題歌でもある平井堅さんの「瞳をとじて」聴いているだけで映画のイメージや今の自分と重なっていく。。 
  
♪…Your love forever 
瞳をとじて 君を描くよ それだけでいい 
たとえ季節が 僕を残して 色を変えようとも…♪ 
 
最近、中途半端に泣いてるかも。 
もっと泣いたら元気になれそうな気もする…。 
 
大切な思い出… 
今でも全部思い出せるよ。 
心がいっぱいに満たされていたあの頃、あの時間たち。。 

■ 2004/05/08
観てきました。 
 
「世界の中心で、愛をさけぶ」 
 
いきなり公開初日に速攻なのです(^_-) 
 
電話で友達を強引に誘う。 
「いいよ。私も観たい。でも、最初の日は人は多いんじゃない? 来週行こうよ」」 
「でもね、テンション上がったままだから、健康のためにも早いほうがいいと思うんだ。」 
「よく分からないけど、分かった。分かった。行こう。」 
ごめんねー。つき合わせて(_ _) 
 
で、映画はもちろんよかったです。 
 
監督は泣かそうと思ってこの映画作ってないと思います。 
「分かる人に涙して欲しい」って感じですかね。 
二人の愛の軌跡を丁寧に丁寧に描いて、「朔」の目を通して現在と過去を重ね合わせていきます。 

なんといっても、「アキ」役の長澤まさみちゃんの演技がスゴかった。声もキュート。 
 
病気が重くなって「アキ」は、「死んでしまったら忘れられるのが怖い」と言って、「朔」といっしょに結婚写真を重蔵じい(山崎努)に撮ってもらいます。 
ウエディングドレス姿の「アキ」ちゃんは切ないほどキレイでした。 
十数年後にその写真を見た「朔」は、あの時の「アキ」の気持ちを思い泣き崩れます。そして「アキのことは忘れることができない」と号泣するのです。 
 
何度も涙が頬をつたいました。。 
 
「アキ」役のまさみちゃん、この子、大女優になるかもしれません。 
柴咲コウさんや大沢たかおさんがかすんでしまうぐらい。 
彼女は、今年、この作品で映画賞をとることでしょう。 
 
エンディングに流れる平井堅さんの「瞳をとじて」 
 
曲が終わるまでだれも席を立とうとしませんでした。 
 
これからも時々映画のシーンを思いだして感動しよっと!(^_-) 

030191.gif

■ 2004/05/15
映画「世界の中心で、愛をさけぶ」がブッチ切りだって! 
eiga.comによれば公開2日間で観た人は42万7000人(ふみも入ってます!)で興収でおよそ6億円。これは、興収30億円を突破した「黄泉がえり」の時の330%ということらしい。
ひょっとして最後は大台の3桁かもね。スゴイね!!

030192.gif

■ 2004/05/20
小説「世界の中心で、愛をさけぶ」が300万部突破
来る日も来る日もひとりの人を思い、嬉しくて楽しくて、でも切なくて苦しくて…そんな恋をしたすベての人に読んで欲しい(+_+

030193.jpeg

■ 2004/06/05
えっ! すごいっ! 
あの「世界の中心で、愛をさけぶ」が7月2日からTBS系の金曜ドラマでスタート 
 
わぁーーーーい(拍手) 
ドラマ化されるなんて予想もしていなかったので、思いがけないプレゼントをもらったような気持ち☆ 
楽しみですね!! 
 
新しい「朔」や「アキ}が見れそう。 
もうひとつの“純愛”“物語が誕生です(^_-) 
 
もはや私のライフワーク?となってしまった“セカチュー”なのです(^^ゞ 
    
030195.jpeg

■ 2004/07/07
先週からTBS系ドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」が始まりました。
「セカチュー」がライフワーク?となってしまった私としては、なんとしてでも見なければなりません(笑)

ちょうど、放送日が職場の飲み会と重なっていたのですが、“ちょっと予定が…あるんですけど”って、もちろん断っていました。(アッパレ!!)

とてもよかったです。
先の展開が分かるだけに、山田孝之さんや綾瀬はるかちゃんの純粋な演技を見ているだけで、もう胸が詰まってしまいます…。
映画とはちがい長編ですし、色々な出来事や二人の気持ちの起伏を丁寧に描いているなって感じがしました。
それと、重要な役回りでもある「朔」の祖父役は仲代達矢さんなんですね。
これから二人にどんな話をしていくのかとても楽しみです…。

主題歌は、あの「柴咲コウ」さんが歌っています。
「かたちあるもの」という歌ですが、1回聴いただけですが好きになりました。

ところで、毎週金曜日の10時からっていうのは、ちょっとツラクありません?(笑)
ビデオの活躍が欠かせないようですね。
でも、欠かさず見ることができるというのも淋しいですけど…ね。

030196.jpeg

■ 2004/07/10
夜は、金曜ドラマ 「世界の中心で、愛をさけぶ」 の第2話を見ました。
二人の気持ちのすれ違いや苛立ち…。
でも、サクとアキは、それが運命であるかのように、次第に心を通わせていく。
赤と青のアジサイがとても印象的でした。

アキの言葉…
「みんな、私にがんばれっていうけど、サクだけは、ありのままでいいといってくれる。。」

優しいね。

TBS系金曜ドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」の主題歌、柴咲コウさんの「かたち あるもの」(8/11リリース)の試聴ができますよ!

030197.jpeg

■ 2004/07/16
よかったぁー☆
どんどんよくなっていきます…。
幸せいっぱいの気分です!

あれぇ?
金曜ドラマ“セカチゥー”こと
「世界の中心で、愛をさけぶ」ですけどね(笑)

昨日の予想どおり、なんだか今日は、朝から落ち込み気味…。。
仕事がはかどらないので自分が情けなくなったり、ちょっとした一言ですごく傷つくいたり、おまけに、お口を“にゅ“と突き出して不機嫌そうな顔をしているところを見られてしまったり…(-.-)

でも、この感動ですごく癒されました(^^ゞ

回を追うごとにどんどんドラマのなかに引き込まれていきます。
今夜は素敵な愛のシーンがいっぱいでした。
アキやサクの気持ちがすごく伝わってくるのです。

いつも自転車の後ろに乗せていたおじいさんが亡くなって、ペタルが軽くなったと泣き崩れるサクを、両手を広げ、自分のすべてで受け止めようとするアキ…。
サクは、こんなにまで自分を大切に思ってくれるアキの姿を見て”世界のなかで一番美しいものを見た”と号泣します。

エーン(涙)

なんだか普段はうだつの上がらない農協勤めのサクのおとうさん。
亡くなったおじいさんの写真館を売ることになったのですが…。
“売るのはやめた!農協も今日やめた!写真館を継ぐ!”と言い出します。
“親孝行したことなかったもんな。僕にできるのはこれだけだ”

またまたエーン(涙)

おとうさん役の高橋克実さんの笑顔がステキでした。

夏草が生い茂る廃線の駅舎。
サクの手の中で、おじいさんと昔の恋人のお骨はいっしょにされ、やがて風に乗って青い空のなかへ消えていきました。
廃線の上を歩く二人を優しく包む自然や風景がとても印象的でした。

030198.jpeg

030199.jpeg

■ 2004/08/11
前にもご紹介した8/11リリースの柴咲コウさんの「かたち あるもの」
毎週金曜日の夜10時からのTBS系ドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」の主題歌だよね。
なんと!PVがフルフル☆で視聴できるのです♪
イエーイ!!
3日間だけの特別サービス?らしいけど、毎週かかさず見てる人(←わたしもネ)はもちろん、「やっぱり冬のソナタよりはセカチューだよね」派には、最高のプレゼントなのです☆
あなたはもうサクとアキの世界の中へ…(涙)

0301991.jpeg

■ 2004/09/04
昨夜の金曜ドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」は第10話。
映画でも有名になった「たすけてください…」
“世界で一番青い空が見たい”というアキを連れて病院を抜け出すサク。
カバンのなかにはオーストラリア行きの二人の航空券。
そしてクライマックスの空港での場面。
自分では歩けなくなったアキを抱きかかえ、サクはなんとか出発ゲートまで行こうとします。
でも、もうそれが限界でした。
次第に意識が遠ざかっていくアキを抱きしめながら、サクは「たすけてください…、たすけてください…」と声にならない声で泣きながら神様に祈ります。
大きな声なんて出ないですよね。
「私には死んでも天国なんてないの」
「だって今が天国だもの…」
なんて切ないんでしょう…。
消え入りそうなアキの一言一言にずっと泣きどおしでした。
私もテレビに向かってサクのように呼びかけていました。
“アキちゃん!死なないで!”

来週は最終回。予告編を見ましたがもう胸がつぶれそうです。
次第に弱くなっていくモニターの心電図…。
亡くなった父のことを思い出していました。。
言葉もうまく言えなくなった父が震える手で書いた最後の言葉。。
私しか知りません。そして誰にも言いません。

オフィシャルサイトの「感想BBS」を読んでいると時々すごく共感して涙が止まらなくなる書き込みがあります。
勝手に紹介してどうかと思いますが、この物語がなぜこれほどまでに多くの人たちの心を動かすのか分かったような気がしました。

何年もたってその人の記憶が薄れてきても決して忘れることのできないことがあるのです。
それは、その人がかつて自分にとって世界の中心だったということ…。

★「世界の中心で、愛をさけぶ」オフィシャルサイト「感想BBS」より

<男性 会社員>
ドラマ版の公式ビジュアルブックを予約してしまいました。
小説・映画に始まり、指先の花・コミック・謎解き本
映画版ビジュアルブック、そしてドラマ版と関連する書籍はほぼ制覇したような気がします。
せか中毒も末期でもう手遅れです。
車中では「瞳をとじて」と「かたちあるもの」を交互に聴き、そしてドラマ版サントラで締めるというパタ-ンです。
ドラマが終わってもしばらくは抜け出せない気がします。

もう少しで第10話。せかちゅうに興味がない人でも映画の宣伝で一度は耳にしたことがあるはずの
「たすけてください・・・」。
あまりに宣伝を見すぎたせいか、どうしてもこのシ-ンは映画のサク役の森山未来君のイメ-ジが強いので山田孝之君がどう演じるか楽しみです。

大切な人を亡くした時の喪失感・・・、少なからず分かる部分があります。
私は小学生の時に母親を病気で亡くしました。
手術すれば治ると聞かされていたので、手術の日も
親類などから「来てはダメ」と言われても「大丈夫だろう」と軽い気持ちで病院へ行き、手術が終わるのを待っていました。しかし待っていたのは余命宣告。
当時小学生の私は「余命」の重大さに半分気付いて半分分からない状態だったので、翌日担任に笑顔で
「余命何ヶ月」ということを伝えた記憶が今でも鮮明に残っています。
結果的に母は1年以上生き続けることができました。
亡くなるその日まで毎日学校が終わってから自転車(冬は歩き)で病院へお見舞いに行きましたが、小学生にとっては決して近い距離ではなく、なぜそんなことが出来たのか深く考えたことはなかったのですが、
この物語に出会って、サクの行動をみて、なんとなくですが理由が分かった気がしました。
単純に母親が好きだからなんですよね。この物語に置き換えれば私の世界の中心は母親であって、中心に向かう行為は当たり前なんだと、そう思うようになりました。ましてやいつ容態が急変するかもわからない状態でしたから、意識しなくても自然と足が世界の中心に向かっていたのでしょう。

さすがに朔太郎のようにずっと「死」から逃げることはなく、すぐ受けとけることはできました。
今では母親の命日が近づいてくるとその頃を思い出す程度ですし、、年々思い出しづらくなりつつあります。
だからこそ、朔の「自分が忘れてしまうと無くなってしまう亜紀の公式記録」など気持ちが良く分かります。
いつのまにか自分の年齢の半分以上が母親のいない世界になってしまい、時の流れの早さを痛感してしまいます。

身近に大切な人を亡くされた方々ほど、この物語に共感できるんじゃないかなと考えます。

長文失礼しました。


0301992.jpeg

■ 2004/09/12
金曜ドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」の最終回を見ました。

悲しみを乗り越えることの難しさ。
でも乗り越えていくのが残された者の宿命なのですね。
最終回にふさわしく暖かくて穏やかなラストシーンでした(泣)
出演者の皆さん、スタップの皆さん、感動をありがとう!
なかでもサクちゃん(山田孝之さん)とアキちゃん(綾瀬はるかさん)は演技とは思えないほどその振る舞いや会話は本当の恋人のようでした。
これからも他の番組で見たいです。

恋人、夫婦、親子、師弟、友達…
この作品はいろいろな人々の愛を教えてくれました。。

見終わって、ふと、過ぎ去った出来事が次々と浮かんできました。
身近な人の死、恋人との別れ…etc

どれだけ大切にしていたのかな。何をしてあげられたのかな。
多分、傷つけたり悲しくさせたりしてたんだと思う。
私にサクやアキのような純粋さが少しでもあれば…
反省しても遅いかな。。(涙)

9月17日の金曜日には「特別編」があるようです。
総集編のようなものかな。
見ていない人には是非見て欲しいです。

0301994.jpeg

0301995.jpeg

■ 2004/09/23
ついに発見。これはスゴイよ。
ブログの題もそのものズバリ!
「世界の中心で 愛をさけぶ ドラマ&原作ファンサイト」
関連ニュース記事からストーリーの詳細な解説、原作者や出演者、ロケ地の情報、はては「セカチュー現象」の分析まで…。
デザインもステキ…。
ありとあらゆるセカチュー情報がギッシリ!!
ファンにはたまりませ~ん♪
読んでいると「感想BBS」でも話題になっていたいくつかの謎が次々と解けてきました。
その一つ。綾瀬はるかちゃん(亜紀役)のスキンヘッド姿。
やっぱり本当に剃っていた!!
髪の毛って女子には大切なもの。それを…。
そしてやつれるまでのダイエット!
役づくりにかけた19歳の彼女の意気込みと覚悟にへなちょこな私は言葉もありません。。

11月には彼女の初主演映画「雨鱒(あめます)の川」が公開されます☆

0301996.jpeg

■ 2004/12/19
やっと借りることができました。
ずっとレンタル中でした。
そうなんですっ!

{世界の中心で、愛をさけぶ」

「セカチュー」とは、5月に映画館で観て以来の7ケ月ぶりのご対面。
あの感動を、あの共感を、もう一度味わいたいのよね。
今日も泣きますっ!
覚悟を決めてテレビの前にペタリと座り込む。

…で、あっという間の2時間20分でした。
ああ! やっぱり素晴らしい映画でした(涙)

感動は1回目以上に深いかも。。
ラストで暗示される新たな未来。。
切ないけど救われます。

1回目は主人公のサク(森山未來)やアキ(長澤まさみ)を中心に観ていたような気がするけど、今回は、ストーリーの流れとか、脇役の方の演技やセリフもゆっくり観ることができました。
ちょっと客観的に観てたかも…。
でも、やっぱり泣いてしまいました。。

次第に接近してくる17年前と今の二つの台風、強まる風雨のなかでそれぞれの物語が交差しながら進んでいきます。
そして、どちらも嵐のなかでのクライマックス。
よくできていると思いました。

それに、伏線ってたくさんあるのですね。
病院で手品をしているアキのシーン。
ラストシーンのサクの素敵なセリフに結びついています。

でも、なんといっても今回、特に印象に残ったのは”重じぃ”こと重蔵じいさん役の山崎努さんの存在感のある演技。
アキのことがどうしても忘れられないと号泣するサク(大沢たかお)に、“重じぃ”は、自分の人生を重ね「愛」と「死」について語ります。

0301997.jpeg

人が死ぬってのは…えらいこった。
思い出、面影、楽しかった時間は染みのように残る…。
天国ってのは生き残った人間が発明したもんだ。
そこにある人が居る。いつかまたきっと会える…。
そう思いてえんだ。
でも、残された者ができることは…亡くなった人の後片づけをすることだけだ…。

え~ん、え~ん(泣)

この物語のすべてがそこあるような気がしました。

映画セカチューに新しく“DVDオフィシャルサイト”ができていました。
そこに「MEMORIES」といコーナーがあって、いくつかの名シーンがFLASHで見れますよ。文句なしに胸キュンです。

0301998.jpeg

■ 2004/12/26
クリスマス終わりましたね。。
みなさんの聖夜はどうでしたか?
私は、私なりにね…(^_-)
新しい世界が始まるかも。。

…なんてことは多分ないと思う(苦笑)
グスン(泣)

今日、レンタルCD屋さんで偶然見つけました。

ドラマ版オリジナル・サウンドトラックCD「世界の中心で、愛をさけぶ」

「あっ!」
お部屋の端のこんなところにあったのね。
いとおしくて両手で抱きしめてしまいました←大袈裟かな(笑)

全20曲。
素敵なインスツルメンタルを聴いていると、ドラマのなかの美しい風景やシーンが鮮やかに蘇ってきます。。
なかでもメインテーマ系の「朔と亜紀」、「朔と亜紀 part2」、「1987年、夏」
なんて、切ないんだろう…
なんて、優しいんだろう…
泣きたいときに絶対に泣ける!!

ファンサイトでも“この3曲がオススメ!”って書いてあって、ピッタリだからもうビックリ!
感性が同じって嬉しくない?
ファンの気持ちはいっしょだよね!
セカチューファンのカレならいいのにね(-_-)

年末の27日ぐらいから31日ぐらいにかけて、テレビでドラマ版セカチューの全編再放送があります(^.^)
お見逃しなく。

勢い余って、CDラベルも作ってしまいました(^^ゞ

0301999.jpeg

ふみ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://humi22.blog43.fc2.com/tb.php/121-504407c4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。